メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

真鍋さんは日本を見限ったわけではない

足しげく日本を訪問し、若手の研究を支える

住 明正 東京大学未来ビジョン研究センター特任教授

 米国プリンストン大学上級研究員の真鍋淑郎さん(90)が、2021年のノーベル物理学賞を受けた。実は、受賞発表の1カ月前あたりに、ある新聞社の科学部の記者から、「今年は、大気海洋結合モデルにノーベル賞がでるらしい。それについては、誰が候補になるか?」と聞かれていた。その時に、最初に頭に浮かんだのは、真鍋淑郎博士であった。

拡大ノーベル物理学賞受賞決定後の会見で、スピーチの前に外したマスクをたたむ真鍋淑郎さん=10月5日、米プリンストン大学

 一般的に、全球規模の大気の運動や変化を記述する数値モデルの開発というものは、最初から最後まで一人で出来るものではなく、多くの人の努力と協力の結果による。そのような中でも、ぱっと真鍋さんの名前が浮かぶということは、やはり、真鍋さんがこの分野を先達として切り開いてきたことの証拠などであろう。それとともに、日本気象学会誌「天気」の「素顔」というインタビュー記事のタイトルに筆者が「世界のアイドル」と名付けたように、彼の明るく剽軽(ひょうきん)な性格と人なつっこさの故に、多くの人に好かれていることも理由として挙げられる。

自然にはまだ多くの秘密や真理が存在する

 ノーベル物理学賞には、気象学などは対象外であると考えられてきたように思う。物理学賞の対象となる研究は、真理の追究や新しい現象の発見であり、気象学は、発見された原理・原則を現実的な課題に応用してゆく応用科学と考えられてきたからであろう。しかし、真鍋さんが受賞発表時のインタビューの中で、「好奇心に導かれて」と力説していたように、基本的な法則は理解したと思っていた自然や環境の中には、まだまだ、数多くの秘密や真理が多く存在するのである。我々が目にしている自然現象の中に、解明を待っている真理が数多くあることに、改めて気づかせてくれたことに、今回の受賞の意義があろう。

日本とのかかわり

 真鍋さんは東京大学大学院で博士号を取得し、1958年に渡米。米国気象局やプリンストン大などで研究した。最先端の計算機を駆使し、二酸化炭素の濃度が高まると地表の気温が上がることを発見し、1960年代から次々に論文を発表した。ノーベル賞受賞発表時には「日本の社会になじめなくてアメリカに渡った」とも語っていた。しかし、決して、日本を見限っていたわけでもなかったと思う。足しげく日本を訪問し、東京大や気象庁などでセミナーを開き、欧米の情報を伝えてくれた。また、日本からの学生がプリンストンを訪問すると歓待をしてくれ、なにかと刺激を与えてくれたと思う。再三にわたり、「日本に数値モデル研究センターを設置すべきである」との意見を述べてくれていたし、日本に数値モデル研究センター(東京大学気候システム研究センター:CCSR)を作ろうとする我々の活動も支援してくれていた。

 特に重要なことは、1997年10月、約40年ぶりに日本に戻り、科学技術庁(以下、組織名はいずれも当時)傘下の二つの特殊法人、宇宙開発事業団(NASDA)と海洋科学技術センター(JAMSTEC)による共同事業「地球フロンティア研究システム」の地球温暖化予測プログラムの領域長に専任として赴任してきたことである。だが2001年秋、気候変動予測のスーパーコンピューター「地球シミュレータ」が稼働する前に辞任した。

拡大横浜市の地球フロンティア研究システムで話す真鍋淑郎さん=2001年10月29日

 この研究システムは、20年という期限を切った新しいタイプの研究組織として発足したが、六つの領域の中で領域長が専任なのは、システム長の松野太郎先生と真鍋さんの2人だけで、残りは、他の組織との兼任という布陣であった。新しい研究組織を作ろうとしている役所の人たちから見ると、「意欲的な研究組織を作ったのだから、今までの職を捨てて研究者は集まってくるはずだ」という思いがある。このようなときに、アメリカの職を辞して日本に帰ってきてくれた、ということは大きなインパクトを与えたと思うし、地球フロンティアの立ち上げ、展開に大きな力となったと思う。もちろん、真鍋さんのもとに若い研究者や大学院生が集い、大きな影響を与えたことは言うまでもない。しかしながら、日本の官僚システムとの付き合いはなかなか大変である。真鍋さんも相当に苦労されたことと想像する。

 米国に戻っても、名古屋大学の客員教授として来日したりして引き続き日本の研究者への支援を行っている。今回のノーベル賞の受賞は、日本の社会に対し、温暖化研究や気候モデルの開発の重要性を明らかにし、日本の気候モデルの研究者や学生に大きな励ましを与えることとなった。これも、真鍋さんの日本に対する大きな寄与ということができよう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

住 明正

住 明正(すみ・あきまさ) 東京大学未来ビジョン研究センター特任教授

1971年東京大学理学部物理学科卒業、1973年同大学院理学系研究科修士課程修了。気象庁、東京大学気候システム研究センター教授を経て、2006年東京大学サステイナビリティ学連携研究機構・教授。2012年独立行政法人国立環境研究所理事に就任、2013年から2017年まで同研究所理事長を務め、2017年より現職

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです