メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

米軍PFAS汚水問題への日本政府の対応は、一線を超えた

汚染者負担原則をないがしろにする国と県に求められる本格的な汚染調査

桜井国俊 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

日本政府が異例の全額負担

 従来であれば、米軍の環境汚染は隠していたものがあとで発覚するというのが通常であり、汚水をこれから放出すると予告する米軍のやり方は異常だと多くの県民は感じていた。そしてこれは、もしかすると日本政府をゆするための芝居ではないかと勘繰っていた。その予想が、

・・・ログインして読む
(残り:約2350文字/本文:約3440文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

桜井国俊

桜井国俊(さくらい・くにとし) 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

1943年生まれ。東京大学卒。工学博士。WHO、JICAなどでながらく途上国の環境問題に取り組む。20年以上にわたって、青年海外協力隊の環境隊員の育成にかかわる。2000年から沖縄暮らし。沖縄大学元学長。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

桜井国俊の記事

もっと見る