メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「限りある命」について考える

あなたの後ろに潜む「死」 自らのライフヒストリーを思い描こう

三田地真実 行動評論家/言語聴覚士

 「あなたの後ろに“死”がいますよ」

 新年早々、大変恐縮なのだが、そう言われたら、多くの人が「え?」と驚くか、場合によっては不快感を示されるだろう。人生とは、不確定要素が多いプロセスだ。しかし、その中にあって、例外なく100%の確率ですべての人に起きうる出来事が「死」である。

次の瞬間に訪れるかも

拡大=shutterstock.com
 ―「死」―

 普段それをほとんどの人は意識していない。例えば、何げなく仕事や友人と会う予定などを手帳に書き込むとき、「ああ、私はこの日まで疑いなく生きている」と思っているのだなと思う。多くの方がそんな感じではないだろうか。

 しかし、次の瞬間に「死」が訪れるかもしれない――。それが、真実なのである。

 朝、元気に出かけていった家族が何かの理由で事故に巻き込まれて帰らぬ人になるかもしれない。地震で突然、自分の足元が崩れたために命を落とすかもしれない。

 ちょうど、2012年の12月には、高速道路のトンネルの天井が崩落して、全く予期せぬ死を迎えた方もいる。つい先月起きた、いつものようにクリニックに通っていた多くの方が突然命を奪われた事件は記憶に新しい。

 その方たちの誰一人として「その日、自分が命を落とす」とは思っていなかっただろう。本当に、文字通り人生は「一寸先は闇」なのだ。

 毎日当たり前に行っている、食事をいただいたり、水を飲んだり、さらには「呼吸」をすることであっても、いま一度「何のためにそれを行っているのか」を考えてみれば、「毎日の」、さらには「瞬時瞬時の」「命をつなぐ作業」なのである。

 そう、私たちは食べなければ死ぬ、水がなければ死ぬ、新鮮な空気がなければ死ぬのだから。戦争中は銃弾ではなく、餓死で亡くなった方も数多いどころか、戦地ではむしろ壮絶な飢餓のために亡くなった方の方が多いくらいだと言う。餓死する苦しみに耐えられず自ら銃弾で命を絶つ事例もあったと聞く

 「食べる」は「日々の命をつなぐ」大事な行為なのだ。

 だから、「いただきます」「ごちそうさま」と毎回の食事に感謝する。

見えづらくなってしまった「死」

 そんな「死」が今、見えづらいものになっている。

人口動態調査 人口動態統計 確定数 死亡上巻 5-5 死亡の場所別にみた年次別死亡数・百分率 | 統計表・グラフ表示 | 政府統計の総合窓口 (e-stat.go.jp)拡大

 図1は、人がどこで亡くなったのかを経時的に示したものである。1950年ごろは、多くの人が「自宅(赤線)」で亡くなっていた。以降、病院で亡くなる場合(青線)が増え、1976年ごろにこの二つのグラフがクロスしている。その後、病院で亡くなる場合がさらに増え、2019年のデータでは、「病院」で亡くなる場合は、全体の71.3%、「自宅」は13.6%、「老人ホーム」8.6%となっている。

拡大
 割合でみると、実は病院は2007年をピークにやや下降傾向を示しており、代わりに老人ホームが増加、自宅もわずかではあるが増えてはいる。

 このように、1950年ごろには当たり前であった、「自宅で亡くなる」というシーンが、このわずか半世紀余の間に全く様変わりしてしまったのだ。

 元々、日本の社会では、日常的に「死」を語ることはあまり良しとされてはいない風潮がある中で、それでもかつては身近な人の死に間近で接する機会があった。今はその機会すらも激減し、ますます死を遠ざけてしまいがちと言っていいだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三田地真実

三田地真実(みたち・まみ) 行動評論家/言語聴覚士

教員、言語聴覚士として勤務後、渡米。米国オレゴン大学教育学部博士課程修了(Ph.D.)。専門は応用行動分析学・ファシリテーション論。2016年からオンライン会議システムを使ったワークショップや授業を精力的に行っている。2011年星槎大学共生科学部教授、2013年より同大学大学院教授。著書に「保護者と先生のための応用行動分析入門ハンドブック」など。教育雑誌連載と連動した「教職いろはがるた」(https://youtu.be/_txncbvL8XE)の動画配信中!

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

三田地真実の記事

もっと見る