メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

国はなぜ、うそをついてまで地盤調査をしないのか

ボーリングで深場の軟弱地盤が判明すると、辺野古新基地建設は頓挫?

桜井国俊 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

土砂投入から3年を迎えた辺野古沿岸部。南側の陸地化(手前)は完了したが北側の建設予定海域(上)では軟弱地盤が見つかり、埋め立てに着手できない=2021年12月、沖縄県名護市、朝日新聞社機から拡大土砂投入から3年を迎えた辺野古沿岸部。南側の陸地化(手前)は完了したが北側の建設予定海域(上)では軟弱地盤が見つかり、埋め立てに着手できない=2021年12月、沖縄県名護市、朝日新聞社機から
 B27地点に水面下90mにまで達する軟弱地盤があることについて、防衛省は2020年3月17日の参議院予算委員会で「B27地点を掘るまでは、それほど深いところまで粘土層があるとは分からなかった」と述べている。B27地点でボーリング調査を実施していないことの言い訳である。

辺野古新基地建設は頓挫?

 しかし、これは事実に反する。なぜなら

・・・ログインして読む
(残り:約3055文字/本文:約4498文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

桜井国俊

桜井国俊(さくらい・くにとし) 沖縄大学名誉教授、沖縄環境ネットワーク世話人

1943年生まれ。東京大学卒。工学博士。WHO、JICAなどでながらく途上国の環境問題に取り組む。20年以上にわたって、青年海外協力隊の環境隊員の育成にかかわる。2000年から沖縄暮らし。沖縄大学元学長。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

桜井国俊の記事

もっと見る