メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

生きとし生けるものとの調和を結ぶ学舎は日本にも必要だ

英国の小さな大学院大学「シューマッハー・カレッジ」で学んだこと 下

宮﨑紗矢香 人間活動家

 その日の午後は、オール・ビーガン・メニューのランチを挟み、ディープタイムウォークと呼ばれるアクティビティーに出かけた。

ステファン・ハーディング教授拡大ステファン・ハーディング教授
 開発者のステファン・ハーディングは、加齢による体調不良で直前まで講義出席を逡巡(しゅんじゅん)していたそうだが、日本の参加者に向けて特別にGoサインを出してくれた。

 ディープタイムウォークでは、地球46億年の歴史を4.6kmに置きかえ、雄大な自然を歩く。

 1メートルは100万年、1ミリは1000年、1歩(50センチ)は50万年というカウントでハイキングし、その過程で地球にどんな生命が誕生したのか、私たちの祖先が命の連鎖を育んできた歴史をたどっていく。

 3~4時間に及ぶ長距離を歩いた末、ようやく着いた最終地点で、最後の0.3ミリにも満たない歩数が産業革命から現在に至るまでの時間だと知らされる。人間という種がこの地球を破壊し始めてしまった、その取り返しのつかない責任への意識。ショック(と疲れ)で参加者が沈黙する中、私たちに何ができるのか、ステファンは告げた。

ディープタイムウォークにて拡大ディープタイムウォークにて
 「この地球の途方もない歴史に思いをはせ、心からの感謝をすること。母なる地球であるガイアのために、私たちを含めたガイアを生きる全ての生き物のために、愛と平和のために、あなたの人生の中で何ができるか考えてみてほしい。携帯を買うのをやめる? お隣のお庭を手伝ってみる? 小さくても大きくてもいい。ガイアを想像して、自分がしたいと思うことを想像してみて。今日のディープタイムウォークを思い出すことかもしれないし、もしくは実践してみることかもしれない。巡礼の旅をともにわかちあってくれて、本当にありがとう」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

宮﨑紗矢香

宮﨑紗矢香(みやざき・さやか) 人間活動家

1997年生まれ。立教大学社会学部卒。Fridays For Future Tokyo元オーガナイザー。2020年4月、株式会社大川印刷入社。社会課題を考える多 数のイベントやソーシャルメディアを通じての外部発信を担当し、2021年7月退職。国立環境研究所 社会対話・協働推進室コミュニケーター。共著に『グレタさんの訴えと水害列島日本』(学習の友社、2020年)、『子ども白書2020』(かもがわ出版、2020年)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

宮﨑紗矢香の記事

もっと見る