メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

STAP確認できず

写真・図版:STAP確認できず 記者会見する理研の関係者=19日、東京都港区、鬼室黎撮影  理化学研究所は12月19日、STAP細胞の存在を確認できなかったと発表した。小保方晴子研究員は辞職願を提出、理研はこれを受理する。今年1月から「予想を超えた」展開が次々と続き、社会の関心事となってきたSTAP騒動。最初の論文は何だったのかという疑問は残るが、一応の区切りを迎えた。これをどうとらえ、何を教訓とすべきか。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする