メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

将棋電王戦でプロ棋士が逆襲

写真・図版:将棋電王戦でプロ棋士が逆襲 永瀬拓矢6段が勝利を収めた第4回電王戦の第2局=3月21日、高知城  プロ棋士と将棋ソフトが対戦する電王戦の第4回大会が4月11日まで開かれている。過去3回のトータル成績で2勝8敗1引き分けと完全に劣勢にあった人間側がついに反撃を開始、第2局ではコンピュータ―が局面を認識できず「王手放置で反則負け」という思いがけない展開になった。その意味を探れば、機械vs人間の奥深い世界が見えてくる。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする