メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

イラン核合意とプルトニウム

写真・図版:イラン核合意とプルトニウム フランスのMOX工場にあるプルトニウム容器=2013年、竹内敬二撮影  イランと米ロなど6カ国が核開発について最終合意に達したのは今年7月だ。ウラン濃縮に制限をかけたのが大きな成果とされてきたが、本当の成果は別のところにあったらしい。イランはプルトニウムの生産を放棄したのである。使用済み燃料は国外に搬出し、再処理は研究も実施もしない。さて、では再処理路線を突き進む日本はどうするのか。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする