メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

大学と論文不正

写真・図版:大学と論文不正 論文不正対策を呼びかけた国立大学協会総会=2013年11月  2013年のSTAP事件は、論文不正に対する大学の意識と行動を変えた。告発があれば、調査委員会を作って不正の有無を調べるようになった。昨年3月、岡山大学は、告発を受けて調査した論文に不正はなかったという結論を公表した。そして、年末、論文不正を告発した2人の薬学部教授を解雇した。いったい、何が起きたのか――。

Facebookでコメントする