メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

チェルノブイリ原発事故30年

写真・図版:チェルノブイリ原発事故30年 建設中の新シェルターから4号炉の石棺を望む。朝日新聞・杉本康弘撮影  ウクライナのチェルノブイリ原発で史上最悪の事故が起きてから、4月26日で30年が経った。30年は、人間の生活でいえば1世代、放射性セシウムの1回分の「半減期」にあたる。事故を起こした4号炉、40万人といわれる故郷を離れた人々、そして広大な汚染大地ではいま何が起きているのか。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする