メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ここまできた惑星探査

写真・図版:ここまできた惑星探査 木星探査機JUNOの想像図=NASA提供  1950年代末の月探査機「ルナ1」で始まった惑星探査は、「近くを通過」→「周囲を回る軌道に入って詳しくデータを取る」→「軟着陸」とレベルを上げてきた。先月、米航空宇宙局(NASA)の木星探査機JUNOが木星周回軌道に入り、周回するところまでは太陽系内の天体をほぼ網羅した。惑星探査は新しい局面に入った。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする