メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日本の漁獲量管理は不十分?

写真・図版:日本の漁獲量管理は不十分? 根室市の花咲港でトラックの荷台に積み込まれるサンマ=六分一真史撮影  乱獲を防ぐために、主要7魚種について、毎年、漁獲可能量(TAC)が定められている。それ以外の魚についても水産庁などが資源評価を行っているが、資源状態は向上していない。この制度で、未来の水産資源を守ることができるのか。日本のTAC制度の信用が問われている。

Facebookでコメントする