メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

将棋ソフト不正「告発」の闇

写真・図版:将棋ソフト不正「告発」の闇 記者会見する日本将棋連盟の谷川浩司会長  思いがけない展開になった将棋ソフト不正疑惑。竜王戦七番勝負の挑戦権を得ていた三浦弘行九段が、「対局中に席を離れて、カンニングをしていたのでは」と疑われたものの、調査をした第三者委員会は「不正行為の証拠はない」と逆転の判断をした。なぜ疑いの視線が広がったのだろうか。迷走の奥にあるものをさぐる。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする