メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

悩み深き「不妊治療の選択肢」

写真・図版:悩み深き「不妊治療の選択肢」 ウクライナで生まれた「3人の遺伝子を持つ女児」=病院のウェブサイトから  医療技術の進歩によって、不妊治療に選択肢が増えてきた。日本の不妊治療は、実施率で見ると世界でトップ。2位の米国を大きく引き離している。ところが成功率では、他国よりかなり低位にある。妊娠や出産とどのように向き合うか、当事者の悩みは深い。いま、私たちが知るべきことは――

Facebookでコメントする