メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

科学技術立国と言うけれど

写真・図版:科学技術立国と言うけれど 日本科学未来館のカミオカンデ模型を見学する人たち  日本が海外と比べて、科学技術が進んでいると信じている人は多いだろう。だがその実体は、お寒い状態だ。研究予算は削られ、研究者には余裕がない。次世代の育成はすっかり「ボランティアまかせ」になっている現状だ。科学者の国際活動においても、「どうすればいいのか」の手探りが続いている。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする