メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

低線量被曝と不安

写真・図版:低線量被曝と不安 福島県内での放射線測定=2011年4月  福島原発事故で、一度に高線量の放射線を浴びた人はいなかった。しかし、放射性物質が広範囲に飛び散り、低線量の被曝が起きた。その健康影響について専門家から出た説明は「わからない」だった。この「わからない」が不安をかきたてた面はなかったか。低線量被曝の健康影響をめぐる不安の構造に、福島支援を続けてきた専門家が切り込む。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする