メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

福島の甲状腺がんへの向き合い方

写真・図版:福島の甲状腺がんへの向き合い方 2011年12月に宮城県で実施された甲状腺検査の会場に向かう親子連れ  福島原発事故の後、子どもの甲状腺がんの発見が相次いでいる。2015年6月30日集計のデータによると、18歳以下の子ども約30万人が甲状腺検査を受け、113人が甲状腺がんの「悪性ないし悪性疑い」と判定された。「放射線の影響とは考えにくい」と福島県の委員会は評価しているが、どう受け止め、これからどう向き合ったらいいのか。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする