メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

熊本地震から2年

写真・図版:熊本地震から2年 地震から2年を迎えた熊本城の戌亥櫓。石垣は崩れたままだ=2018年4月  観測史上初めて震度7を2度観測し、熊本・大分の両県で20万棟余りの住宅が被害を受けた熊本地震。災害関連死を含めて267人の命が失われ、2年が経過した今もなお約3万8千人が仮設住宅などの仮住まいで暮らす。地震で観測された活断層の近くの大きな揺れは、超高層や免震ビルの地震対策に大きな課題を突きつけている。

Facebookでコメントする