メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ノーベルの週末、科学の賞の読み方

写真・図版:ノーベルの週末、科学の賞の読み方  ストックホルム発の映像が週末の日本列島を華やいだ雰囲気に包んでいる。ノーベル賞授賞式。基礎科学に世界中の耳目が集まる年に一度の祝典だ。今年はそこに鈴木章さん、根岸英一さんというふたりの日本人化学者の顔もある。歴代のノーベル賞受賞者の顔ぶれを振り返ると、20世紀以来の自然科学の流れが浮かび上がる。きょうは、毒が薄れて大人になったというイグ・ノーベル賞の話題とともに科学の賞の読み方をナビ。 写真は、授賞式のためにストックホルム入りし、ノーベル博物館を訪ねた鈴木章さん(左)と根岸英一さん。カフェの椅子には歴代受賞者のサインが=6日、ストックホルムで、葛谷晋吾撮影

Facebookでコメントする