メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

書店ビジネス崩壊の危機 深刻な米国研究・出版事情

写真・図版:書店ビジネス崩壊の危機 深刻な米国研究・出版事情  米書店チェーン2位のボーダーズ・グループが2月、倒産した。同首位のバーンズ・アンド・ノーブルも赤字が続き、店舗の削減を進めている。インターネットでの書籍販売や電子書籍が日本以上に普及した米国では、書店ビジネスそのものが崩壊の危機にある。大学キャンパスからは図書館さえも姿を消そうとしているという。書店の苦境ぶりは日本も同様だ。ネット社会の中で足元が揺らぐ書店ビジネスと、デジタル技術で輪郭を失い始めた書籍の明日の姿とは。※写真はバーンズ・アンド・ノーブルのユニオンスクエア店。入り口近くに設けられた電子書籍端末の販売コーナー=米ニューヨーク市

このテーマについての記事

Facebookでコメントする