メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

巨大システムの安全性

写真・図版:巨大システムの安全性  宇宙飛行士の山崎直子さんがWEBRONZA科学・環境ジャンルの執筆陣に加わりました。最初の原稿で考察しているのは、25年前のスペースシャトルチャレンジャー号の事故です。爆発事故の原因を究明する大統領直属委員会に入ったノーベル賞学者リチャード・ファインマン氏が書いた「シャトルの信頼性に関する個人的見解」は、山崎さんにとってバイブルとなっているといいます。巨大システムの安全性を守るための教訓とは何か。東日本大震災の復興に向けて考えるべき材料を提供しています。※写真は、見送りの声援に手を振りながら、シャトルに向かうバスに乗り込む山崎直子さん=2010年4月5日、米フロリダ州のケネディ宇宙センター、細川卓撮影

Facebookでコメントする