メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新たな出生前診断の問題点

写真・図版:新たな出生前診断の問題点 従来の超音波画像による胎児の検査。新しい出生前診断では母親の血液でダウン症の有無を明らかになるという

 妊婦の血液を調べると胎児がダウン症かどうか99%の精度でわかるという新しい出生前診断が日本に入ってきた。国内10施設程度が臨床試験として始めると報道され、医療機関には問い合わせが相次いでいるという。一方、日本産科婦人科学会は「新たな手法を用いた出生前遺伝学的検査について」という声明を9月1日に発表、「慎重な取り扱い」を求めた。高齢出産が増える中、胎児の異常判明を理由にした中絶は増えている。その背後には両親の苦悩がある。その苦しみはどこまで理解されているのか。新しい医療技術の問題点は――。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする