メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

放射能検査の限界

写真・図版:放射能検査の限界 内部被曝の全身測定装置に入り検査を受ける保育園児=2012年7月7日、福島県平田村

 「福島県郡山市の病院が短時間で内部被曝の検査ができる最新装置を購入」というニュースがNHKで流れ、ツイッター上で「この装置では内部被曝は測れないのではないか」と議論が巻き起こった。内部被曝を測るのは難しい。専用のホールボディカウンタ-(WBC)による計測でも、福島県で始まった当初は間違った結果が続出した。東京大学理学部の早野龍五教授らの努力で信頼性の高いデータが取れるようになってきたが、内部被曝の測定が簡単でないことは変わらない。測定には限界がある。「内部被曝がゼロかどうかがわかる」などという検査は世の中に存在しない。えっ、このことまだご存じありませんでした?

このテーマについての記事

Facebookでコメントする