メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

WEBRONZAはiPSに徹底注目する

写真・図版:WEBRONZAはiPSに徹底注目する iPS細胞を患者に届ける構想を語る山中伸弥教授=2012年10月11日、京都市左京区

 驚きの少ないノーベル賞発表だった。山中伸弥さんの医学生理学賞だ。いずれは受賞、と信じられてきたからだ。だが、その研究成果は人類にとって驚き以外のなにものでもない。からだの一部となった細胞をリセットして白紙にする――それがiPS細胞だ。これをもとに、理屈上はどんな臓器でもつくりだせる。「臓器移植と違って患者自身の細胞を使うから問題は少ない」「でも、がんを起こさないか心配だ」「安全とわかれば究極の医療となるが、それは超長寿社会の到来を意味しないか」……。WEBRONZAはiPSに徹底注目する。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする