メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

脱原発から脱・脱原発へ世論は転換したのか

写真・図版:脱原発から脱・脱原発へ世論は転換したのか 「脱原発」を求める人々が道路を埋め尽くし、大きなうねりとなって官邸に迫った。あの熱気はどこへ行ったのか=2012年6月29日

 自公政権の下で、原発・エネルギー政策が大きく変わろうとしている。民主党政権は2012年9月に、「2030年代に原発ゼロをめざす」を軸とした「革新的エネルギー・環境戦略」を発表した。しかし、12月に誕生した自公政権は「原発ゼロ」も「原発の新設は認めない」も見直そうとしている。「脱原発」から「脱・脱原発」なのか?

Facebookでコメントする