メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

中国大気汚染、環境外交の出番だ

写真・図版:中国大気汚染、環境外交の出番だ 汚染物質を含む霧が街を覆い、天安門広場の毛沢東の肖像(中央奥)もかすむ。マスクをする市民も目立った=2013年1月30日、北京

 ひと目でわかる汚染とはこのことか。北京から届く映像では、視界をさえぎる大気が街を覆っている。中国の大気汚染の主な元凶は、急成長社会が吐き出した微小な粒子状物質PM2.5。さらに大きな粒子の存在も看過できない。ぎくしゃくする日中関係を尻目に、汚染物質は偏西風に乗って国境を越え日本列島を直撃する。酸性雨の被害は以前から続き、春の黄砂も深刻だ。中国も日本もなく、大気はひとつながり。中国の市民に手をさしのべ、また越境汚染を封じるため、国境を越えた環境保護の枠組みを築くときではないか。

Facebookでコメントする