メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「グローバル人材」って何? 

安井孝之

安井孝之

 大学も経済界も最近は「グローバル人材」の育成に熱心だ。「若者が内向きになり、留学にいかない」「英語の成績は中国、韓国に比べてさんざん」。このままでは英語ができて、留学経験のある人材を確保できず日本はグローバルな商売からはじき飛ばされてしまう、と言わんばかりの勢いである。だが、そうした見方は正しいのだろうか。

 71カ国に拠点を持ち、ファスナー事業の世界シェアは45%というYKK。日本でも有数の国際企業である。その吉田忠裕社長は「グローバル人材不足と言われてもピンとこない。そもそもグローバル人材って何ですか」と問いかけ、「人材不足」という見方に首をかしげる。

 YKKグループの社員4万人のうち半数は海外で働く。日本からの赴任者は約600人。入社4、5年で最初の海外赴任につく。営業職などで入社すればほとんどが海外赴任し、在住期間が30年を超える社員もいるほどだ。

 もしも若者が「内向き」になっているのなら、

・・・ログインして読む
(残り:約1033文字/本文:約1438文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

安井孝之

安井孝之(やすい・たかゆき) 

1957年4月16日、兵庫県丹波市生まれ。経済誌「日経ビジネス」記者を経て、1988年に朝日新聞入社。自動車、流通、不動産、鉄道などの業界や財政、産業政策、通商政策などの政策を取材。2005年から編集委員、09年から論説委員兼務。著書に「これからの優良企業」(PHPビジネス新書)。

安井孝之の記事

もっと見る