メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「悪の新世界」とソニーの未来

木代泰之

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

 ソニーがハッカー集団からインターネット配信サービスへの執拗な攻撃を受けている。被害はゲーム、音楽、映画と広がり、1億件以上の顧客情報が流出し、1か月近くサービスを停止する深刻な事態になった。ところが、会見したハワード・ストリンガー会長は「事件はしゃっくりみたいなもの」「100%安全などありえない」と軽くあしらい、「これからは悪の新世界が始まる。悪人たちは金融や航空、送電などあらゆる社会システムに犯罪を仕掛けようとしている」と、話題をネット時代の恐怖へと巧みにすり替えた。

 やはりゲーム会社の人なのだろうか。この世は単純に善と悪からなり、ソニーは悪人たちの不運な被害者だと会長は強調する。だが、それは少し違うようだ。ハッカーが集団でソニーを攻めた背景には、一人の若い天才ハッカーの技術を企業ビジネス防衛のために法廷で押しつぶしたことへの反発がある。それは最近のソニーについて誰もが感じている疑問――世界的なヒット商品がなぜ出ないのか、創業以来のベンチャー精神はどこに行ったのか――にもつながる問題をはらんでいる。

 事件の発端は、米国の有名ハッカーであるジョージ・ホッツ氏(21歳)が今年1月、プレイステーション3(PS3)に設けられた制限を破り、自作ゲームをプレイできるようにしたとブログで公表したことだ。1年前に「PS3を破る」と宣言し、ソニーとのネット上の一進一退の攻防の末に実現してみせた。

 負けたとみるや、

・・・ログインして読む
(残り:約1668文字/本文:約2277文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

木代泰之の記事

もっと見る