メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

東電リストラ、国民納得の給与水準に下げよ

城繁幸

城繁幸 「Joe's Labo」代表取締役

 東電のリストラ案をめぐって、様々な意見が噴出している。東電側のリストラ案を手ぬるいと批判した弾三者委員会は、独自に社員の14%を削減するリストラ案を提示した。

 一方で、枝野経産相は「競争が無いのだから公務員レベルでいい」というロジックで公務員水準への引き下げに言及し、経団連会長が反論するという一幕もあった。果たして、東電社員のお給料はいかほどが相場なのだろう。

 東電および第三者委員会はあくまで人員数の調整をし、賃金水準については現行ベースで考えていると思われるが、 ・・・ログインして読む
(残り:約776文字/本文:約1011文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

城繁幸

城繁幸(じょう・しげゆき) 「Joe's Labo」代表取締役

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

城繁幸の記事

もっと見る