メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 FRB議長がベン・バーナンキからジャネット・イエレンに変わり、アメリカの金融政策、その緩和縮少政策が世界の注目を集めています。FRB議長は常にスポットライトを浴びますが、その中でも1979年からいてその9年間議長を務めたポール・ボルカーは「レジェンド(伝説)」になった議長でした。

 近著、「伝説のFRB議長・ボルカー」(ダイヤモンド社、2014年2月、訳者倉田幸信)で著書のウィリアム・L・シルバーはボルカーが最も偉大なFRB議長だったとして次のように述べています。

 「ボルカーは自己の職業人生を通じて、ほかに例がないほど厚い信頼を獲得した。公職に就くことを国民からの神聖なる委託であると考えて仕事をしたからだ」

 「前回の巨大な経済危機、1970年代のグレート・インフレーションと勇敢に戦った際、ポール・ボルカーはまさに英雄でした。アラスカ州アンカレジの住人ジャック・キムは、1987年にボルカーがFRB議長を辞める時に次のような手紙を送りました。『連邦準備制度からあなたが去るということは、戦争中にジョージ・バットン将軍がいなくなるのと同じことであり、そのように心細く感じます」(前述書、7~8項)

 そしてシルバーは(ⅰ)原理原則、(ⅱ)断固たる信念、そして(ⅲ)実用主義の三つが混ざりあって

・・・ログインして読む
(残り:約797文字/本文:約1349文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

榊原英資の記事

もっと見る