メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

一億総中流時代の終焉

経済の成熟と格差の拡大

榊原英資 (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

 日本をはじめ多くの先進国は成長局面から成熟局面に移行してきている。実質GDPの成長率は0から2.5%。インフレ率も1%前後になってきている。低成長・低インフレ時代の到来だ。ちなみに、2014年の日本の成長率はマイナス0.06%、インフレ率は2.74%(消費税の5%から8%への引き上げを含む)だ。

 日本は1999年からデフレ状況に入り、2005年までは消費者物価指数が下落した。その後もデフレ状況は継続し2012年はマイナス0.04%に。13年は0.36%、14年は前述したように、消費税増税を含んで2.74%だ。

 15年には1.01%とプラスに転ずると予測されているが(IMFによる2015年4月時点の推計)、デフレ、あるいは、デインフレ状況は続いているといっていいのだろう。欧州中央銀行(ECB)総裁、マリオ・ドラギはユーロ圏も

・・・ログインして読む
(残り:約840文字/本文:約1209文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) (財)インド経済研究所理事長、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る