メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

スイスの異能、ダニエル・シュミット監督特集が東京・渋谷で開催!(2)――奇想天外な超傑作『ラ・パロマ』をめぐって(続)

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 『ラ・パロマ』の、前回述べた以降の物語は、ヴィオラがイジドール宛てに残した遺書をめぐって、奇天烈な怪奇映画、ないしは幽霊映画風に展開する。生前のヴィオラの指示に従って、イジドールは彼女の死の3年後に遺書を開封する。遺書には、自分の遺体を墓から掘り起こし、その一部を骨壺に収めて礼拝堂に移してほしい、それが自分へのイジドールの無限の愛の証明だ、と書かれていた。

 さて墓掘りのくだりが、これまたひどく人を喰った、ご都合主義的な――しかし異様にチャーミングな――場面の連続で、度肝を抜かれっぱなしだ。

 なにしろ、ラテン系の軽妙な音楽の流れるなか、掘り起こされた棺桶のなかのヴィオラは、生前そのままの姿で、肌はつやつやと輝き、ぱっちりと目を見開き、あっけらかんとした明るい表情を浮かべているのだ(リビングデッド/生ける死者!?)。

 しかもヴィオラはそこで、3年前の臨終の床で手にしていた黒い十字架を、そのときと同じような手つきで胸にかざすのだ(これは明らかに、ジャン・ルノワールの傑作『ボヴァリー夫人』(1933)のヒロイン、エンマ/ヴァランティーヌ・テシエの死の場面への目くばせ)。

 もっとも、ヴィオラが墓の中でも3年間、生前そのままの姿を保っていたことに関しては、彼女がかねて美顔薬に、ひいてはエンバーミング/死体保存(防腐)処理に精通していた、という示唆が作中でなされはする。だがそれは、観客の頭の中にはほとんどインプットされない、漠然とした暗示にすぎない。

 ややあって、イジドールは遺言に従い、意を決してヴィオラの遺体をナイフで切り刻む。そこで卓抜なのは、

・・・ログインして読む
(残り:約1973文字/本文:約2657文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る