メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

加藤登紀子が語る音楽生活50年(下)

「オルタナティヴな生活が、未来を探す場所」

中川右介 編集者、作家

 加藤登紀子は、1969年の『ひとり寝の子守唄』から、『帰りたい帰れない』『別れの数え唄』と3作続けて、作詞作曲も手がけ、自作自演した。現在では珍しくないが、当時、女性のシンガーソングライターはほとんどいない。

加藤登紀子 森山良子さんがもう出ていましたけれど、少ないですね、あの頃のフォークソングは英語ものが多かったんですよね。オリジナルのアンダーグラウンドフォークという中には、女性はいなかったですね。

 作詞作曲を自分でするというのは命取りだと言われていました。私の母が「ついこの前、ギターを始めて、譜面も書けなかったような人が、ねじりはちまきして曲を作って」って笑っていました。

 今も思うんですけれど、古典的なシャンソンは、詩人がいて、その詩に作曲家が珠玉の曲をつけて作るんです。そういう名曲が歴史の中にきら星のようにあるものじゃないですか。そういうものを歌うっていうのは、クラシックの人が絶対のお墨付きの曲を演奏しているのと同じような価値があったんです。

 だけど、シャンソンは、ほとんどシンガーソングライターになりました。シャルル・アズナヴールもそうですし、ジャック・ブレルもそうだし、イヴ・モンタンは違うけれど、ショルジュ・ムスタキもそうだし、だんだん作詞作曲をして当たり前という風になっていくんですよね。

 当時は大きな時代の転換期で、それはアマチュアリズムが脚光を浴びていくってことでした。それは素晴らしいことだったし、面白かった。

 でもやっぱり、歌手としては物足りないんですよね。自分の曲を自分で歌っているということに対する物足りなさがある。

 そんなときに、加藤登紀子が出会ったのが、森繁久彌の『知床旅情』。藤本敏夫が教えてくれた歌だった。

 『知床旅情』のレコーディングをした時は、 ・・・ログインして読む
(残り:約4228文字/本文:約4983文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

中川右介

中川右介(なかがわ・ゆうすけ) 編集者、作家

1960年、東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。2014年まで出版社「アルファベータ」代表取締役として、専門誌「クラシックジャーナル」、音楽書、人文書を編集・発行。そのかたわら、クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲などについて、膨大な資料から埋もれていた史実を掘り起こし、歴史に新しい光を当てる独自のスタイルで執筆。著書は『カラヤンとフルトヴェングラー』『十一代目團十郎と六代目歌右衛門――悲劇の「神」と孤高の「女帝」』『月9――101のラブストーリー』(いずれも幻冬舎新書)、『山口百恵――赤と青とイミテイション・ゴールドと』『松田聖子と中森明菜――一九八〇年代の革命』(ともに朝日文庫)、『戦争交響楽――音楽家たちの第二次世界大戦』『SMAPと平成』(ともに朝日新書)、『歌舞伎 家と血と藝』(講談社現代新書)、『角川映画 1976-1986(増補版) 』(角川文庫)、『怖いクラシック』(NHK出版新書)など50点を超える。

中川右介の記事

もっと見る