メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[2015年 映画 ベスト5 (1)] 傑作!

何を、どう撮るかに成功した映画

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

『螺旋銀河』(草野なつか)
 外見も性格も対照的な二人の若い女性が、ラジオドラマの脚本を共作してゆく身辺雑記ふうの物語を、新人監督・草野なつかが細心かつ大胆に描いた傑作。

螺旋銀河拡大『螺旋銀河』
 二人の関係性の変転をつづる鮮明なショット――コインランドリー、ビル街の夜景、会社の屋上、昼下がりの湾岸エリア、駅のホーム、カフェなどの映像――の連続に目を見張る。正直、草野の出現には度肝を抜かれた(2015/10/28、同/11/02の本欄参照)。

『ビッグ・アイズ』(ティム・バートン)
 このところ奇抜な趣向だけが空回りし、やや精彩を欠いていたティム・バートンだが、“小品性”に徹した本作を撮り、映画の勘を取り戻したのでは――。そう思わせるほど、詐欺師的な夫の陰でゴーストぺインターとして生きた実在のマーガレット・キーンの半生が、軽妙な悲喜劇的なタッチでつづられる(下手すれば重くシリアスになってしまう題材だが)。

 1950~60年代アメリカのライフスタイルやアートシーンのつぶさな再現もみごとだ。見終わって、ああ、いい映画だなあと感じ入った(2015/03/10、同/03/11の本欄参照)。

・・・ログインして読む
(残り:約2243文字/本文:約2741文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る