メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[14]ネット的な笑いの時代は来るのか

『PERFECT HUMAN』がウケた理由

太田省一 社会学者

 前回、お笑いコンビ・オリエンタルラジオ(オリラジ)の藤森慎吾による「あ 動画です」が評判になっている話をした。その後もテレビで共演する田原俊彦とのバージョンなど、相変わらずシリーズとして続いているようだ。

『PERFECT HUMAN』拡大『PERFECT HUMAN』(オリエンタルラジオ公式チャンネル/YouTubeより)
 だがオリラジでそれ以上にいま爆発的な人気となっているのが、この動画のなかで田原俊彦も言っている『PERFECT HUMAN』である。

 オリラジが率いるダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHのこの楽曲、2015年12月の『爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭りスペシャル!』(テレビ朝日系)、2016年2月の『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)などで披露されたのを機に俄然注目され、iTunes総合チャートで1位を獲得した。

 作詞は藤森によるもの、3月には『ミュージックステーション』に出演して大きな反響を呼び、YouTubeで公開されたミュージックビデオもすでに再生回数2600万回を超えるなど、今年有数のヒット曲になりそうな勢いだ。

ツッコミがない変則性

 ただ、いま「ヒット曲」と書いたが、実はそう単純な話でもない。

 例えば、『ENGEIグランドスラム』は音楽番組ではなくお笑いのネタ番組である。だが『PERFECT HUMAN』のオリラジの二人は、歌やラップ、ダンスのパフォーマーにしか見えない。

 披露後のネットなどでの反応も、そのダンスのキレや曲の完成度を絶賛する声が多数上がる一方で、「これはお笑いなのか?」という困惑する声もあった。

 とりわけ同じ芸人の目からするとそうだったようで、そのとき番組MCだったナインティナインも「何してんねん」「わかったからもう帰れ」などと曲の途中からツッコミを入れ始めていた。ネタ番組としては、珍しい光景である。

 おそらくポイントはここにある。

 裏を返せば、『PERFECT HUMAN』にはツッコミがない。ところが、 ・・・ログインして読む
(残り:約2231文字/本文:約3120文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る