メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

歌舞伎を通じて芸を磨いた杵屋勝国さん

第48回JXTG音楽賞で邦楽部門賞を受賞。芸の心と技はどのように育まれたのか

丸山あかね ライター

杵屋勝国さん=2018年10月17日、東京都内拡大杵屋勝国さん=2018年10月17日、東京都内

 2018年10月中旬、東京・東銀座の歌舞伎座で「芸術祭十月大歌舞伎 十八世中村勘三郎七回追善」昼の部の幕が開いた。披露されたのは「三人吉三巴白浪」「大江山酒呑童子」「佐倉義民伝」といずれも勘三郎にゆかりのある三つの演目。父を彷彿(ほうふつ)とさせる勘九郎の晴れ姿、女形を演じる七之助の艶やかさ、そして長唄衆の奏でる演奏の素晴らしさに観客の誰もが魅了されていた。

 長唄は3百年以上前に歌舞伎の伴奏として成立した三味線音楽であり、ひな壇に並び舞台を盛り上げる「出囃子」、芝居の情景や登場人物の心情を伝える「影囃子」を担当する。壮大さと繊細さを併せ持つ古典芸はまさに日本の誇り。立三味線(三味線の首席奏者)を務める杵屋勝国(きねや・かつくに)さんはこのたび、その磨き抜かれた名人芸と長年に渡り長唄界を牽引してきた功績が高く評価され、第48回JXTG音楽賞の邦楽部門賞を授与した。

 三味線とともに歩んできた人生、そのなかで出会った忘れられない人たちについて、語っていただいた。

6歳の6月6日に初の手ほどき

――受賞、おめでとうございます!

杵屋 ありがとうございます。JXTG賞というのは昔はモービル賞と言ってね、ああいう賞を貰えるようになれたらいいなと憧れていたものです。それだけに非常に光栄です。大した貢献はしていないのですが、歌舞伎界では40年くらい演奏していますので、きっと一つのことに打ち込んできたことを褒めていただけたのでしょう。三味線という無我夢中になれることに出会えた喜び、そして善き方々とのご縁に恵まれた幸せを感じています。

杵屋勝国さん=2018年10月17日、東京都内拡大杵屋勝国さん=2018年10月17日、東京都内
――長唄三味線を始められたのは6歳の時とお聞きしました。

杵屋 今では邦楽の世界でも3歳くらいから芸事を始めますが、昔は6歳の6月6日から始めると物になると言われていたんですね。それを両親が忠実に守りまして、家の隣に住んでおられた先生のところで手ほどきを受けるようになったのです。時期を同じくしてバイオリンも習い始めたのですが、こちらのほうは先生のお宅がちょっと遠かった。バイオリンもいいなと思ったけれど、やはり近いほうが楽でしょう? そんなことで三味線のほうが長続きしたんですね。

――ご両親も芸事がお好きだったんですね。

杵屋 実家は福岡県の柳川市で料理屋や映画館を営んでいました。父が長唄を歌い、母が三味線を演奏するといった環境でしたが、兄弟の中で芸事好きな血を引いたのは私だけ。今にして思えば祖母はこのことを見抜いていたんですよ。大のつくほど芸事が好きだった父方の祖母は、旅回りの芝居が柳川に来るたびに足を運んでいましたが、一人で行くのは嫌だからと、決まって私だけ連れて行ってくれました。3歳くらいの頃は退屈しながら観ていたけれど、だんだん好きになって、その延長線上に今がある。そういう気がします。


筆者

丸山あかね

丸山あかね(まるやま・あかね) ライター

1963年、東京生まれ。玉川学園女子短期大学卒業。離婚を機にフリーライターとなる。男性誌、女性誌を問わず、人物インタビュー、ルポ、映画評、書評、エッセイ、本の構成など幅広い分野で執筆している。著書に『江原啓之への質問状』(徳間書店・共著)、『耳と文章力』(講談社)など

丸山あかねの記事

もっと見る