メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

武道を通して平和のメッセージを広げる

イスラエルNGO「Budo for Peace」ダニー・ハキム氏の夢

徳留絹枝 ブログ「ユダヤ人と日本:理解と友情の架け橋のために」管理者

=筆者提供拡大「Budo for Peace」が指導する空手道場で=筆者提供

ベドウィン村の空手道場

 「いち、にー、さん」――イスラエル中心部ネゲブ砂漠にある集落アブ・ケダーの空手道場から、元気な掛け声が聞こえてくる。電気も来ないこの小さなベドウィン村で、「平和のための武道」(Budo for Peace “BFP”)というイスラエルのNGOが子供たちに空手を教えているのだ。設立者で松濤館空手7段のダニー・ハキム氏の案内で、練習を見学させてもらった。

 教えるのはハゼム・アブ・ケダー先生で、彼も空手4段の腕前だ。BFPのプログラムで12年間空手指導を続け、現在は7か所の道場で500人の子供たちに教えているという。この集落は、つい最近まで近くの国道に通じる道路さえなかった僻地にあるのだが、子供たちは満面の笑顔で私たちを迎えてくれた。

 同行した在テルアビブ日本大使館の河合土恩広報文化班長の長男一騎君(10歳)も、ベドウィンの同年代の子供たちに混じって練習に飛び入り参加した。この日はハキム氏も先生となり、「礼、始め、止め」といった日本語の掛け声に従い、6歳から18歳の子供たち40人ほどが元気いっぱいの練習を見せてくれた。空手を通して身に付けた礼儀や自信が彼らの全身から溢れるようで、ハキム氏が目指したものがそこに花開いていた。

拡大

*写真は筆者のツイッターより

 ハキム氏は、1950年代にエジプトからオーストラリアに移住した由緒あるユダヤ系家族の出身だ。祖先の地から遠く離れて育ちながらも、子供のころから熱心なシオニストだったという。そんなダニー少年の一生を決定する転機となったのは、バーミツバ(ユダヤ教の少年の13歳の誕生日祝い)に祖母が贈った1年分の空手講習の受講証だった。空手に魅せられ、めきめきと腕をあげたハキム氏は20代初め、修行を極めるため日本に渡った。そして、生涯の師となる金澤弘和氏(國際松濤館空手道連盟設立者)と出会う。ハキム氏はその後、オーストラリア・日本・イスラエルを代表して数多くの国際試合に出場し、空手世界選手権で二度銀メダルを獲得した。

 2000年、彼はユダヤ民族の約束の地イスラエルに移住した。その後2003年に結婚、2004年にBudo for Peaceを設立する。そしてその目的を以下のように定めた。

 若者に、伝統的な武道訓練と武道本来の理想を身につけることを通して、寛容・相互尊敬・自分自身の内面と隣人や環境との間の調和という、行動規範を教え植え付ける。
 武道という共通の理念に導かれた平和のための文化大使の国際的ネットワークを形成させ発展させる。イスラエル国内、中東全域、そして世界の場に友情の輪を広げ、協力と共存を作り出すことを助けるネットワークとする。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

徳留絹枝

徳留絹枝(とくどめ・きぬえ) ブログ「ユダヤ人と日本:理解と友情の架け橋のために」管理者

シカゴ大学で国際関係論修士号取得。サイモン・ウィーゼンタール・センターのアドバイザー。著書に『旧アメリカ兵捕虜との和解:もうひとつの日米戦史』、『忘れない勇気』、『命のパスポート』(エブラハム・クーパー師と共著)など。日本で知られないイスラエルの横顔に関する本を執筆中。