メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「盆唄」の一場面〓2018テレコムスタッフ拡大『盆唄』(中江裕司監督)=2018テレコムスタッフ

 中江裕司監督の『盆唄』に、心を揺さぶられた。福島県双葉町の「双葉盆唄」をめぐるドキュメンタリーである。――2011年の原発事故で町民らが散り散りになったため、消滅の危機にある双葉盆唄。この伝統芸能の存続を強く願う太鼓の名手・横山久勝さんを中心に、映画は展開するが、自身も双葉町からの避難民である彼は、仲間とともにハワイに行く。じつは100年以上も前に福島からハワイへ移住した人々が伝えた盆踊りが、今も日系人の間で「ボンダンス」として盛んに愛好されていることを知り、ハワイの日系人文化を取材してきた写真家・岩根愛に誘われ、当地に向かうのである。

 その間(かん)、稽古のシーンなどで唄や太鼓や笛の断片がクライマックスへの前奏のように、抑えられた音調で心地よく響くが、この<双葉→ハワイ>という、いわば予想外の焦点移動のような場面の移行も絶妙で、映画の時空が思いがけない形で広がり、快い解放感をもたらす。

 また、横山さんら盆唄の演者たちの顔や挙措も――むろん劇映画とは別様の演出がなされてはいるが――、プロの俳優では到底望むべくもない、じつに豊かな存在感を醸す(カメラは横山さんやその仲間を、彼・彼女らの内面に踏みこみすぎない不即不離の距離で、しばしば斜めのアングルで撮るが、それが重すぎず軽すぎない本作のトーンを決定している)。

 やがて横山さんたちは、双葉から遠く離れたハワイの地で、福島の盆唄が「フクシマオンド」として上演される様子を目の当たりにするが、唄い踊る日系人男女の放つトリップ感、あたりの空気を震わせるような張りのある女性の声が、なんとも素晴らしい。かくして、双葉町の伝統的な双葉盆唄がハワイに伝播され、そこで独自のアレンジを加えられつつ、盆唄独特の情感や哀調を宿したまま唄い継がれ、踊り継がれていることを明らかにしたのち、映画はさらなる<焦点移動>によって舞台を富山へ移す。

 かつてハワイに双葉盆唄を移入した人びとの先祖は、富山から来たと伝えられていたのだが、その地には“ちょんがれ”と呼ばれる、盆踊りの原型ともいわれる唄と踊りが残っていたのである(ある土地に伝統として根付いている文化が、多くの場合その土地に固有のものではないことに、あらためて興味をそそられる)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る