メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

小川彩佳は番組の「顔」じゃなくて「頭脳」なんだ

矢部万紀子 コラムニスト

「news23」(TBS系)拡大「news23」(TBS系)の公式サイトより

 メインキャスターが小川彩佳さんになった「news23」(TBS系)は、いろいろなことが変わっていた。まずはサカナクションの音楽、新海誠監督のアニメ。まるでパイプオルガンの中にいるかのようなスタジオ。「とにかく変えるんだ!」という熱が伝わってきた。

 放送初日(6月3日)の視聴率は、4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。裏番組の「news zero」(日本テレビ系、9.6%)や古巣の「報道ステーション」(テレビ朝日系、9.9%)に及ばなかったことから、早速「期待はずれ」「初回つまずき」などと報じられた。

 小川さんは放送5日目の7日、ゲストの糸井重里さんとのやりとりで、「月曜にこの番組に参加して、口内炎も吹出物もできて余裕のない状態で、どうすればやさしくなれるのか……」と弱気な心情を吐露していた。

 だが、小川さんに言いたい。視聴率なんか気にしないで、このまま「自分の人生、どーんと、ど真ん中を歩いていって」と。

 カギカッコの中は、2007年の朝ドラ「ちりとてちん」でヒロイン喜代美が口にした台詞からとった。地元の短大に推薦入学が決まっていたのに、高校の卒業式を終えてすぐに大阪へと向かう喜代美。あてなど何もない。それでも家を出ると決め、母親にこう言ったのだ。

 「自分の人生なのに、こそこそ隅っこ、歩きたくない。どーんと、ど真ん中を歩きたい」

 この台詞こそ「女子の本懐」であると心をわしづかみにされ、以来、朝ドラを熱心に見るようになった私だが、ニュース番組の女性キャスターにこそ、この台詞をお渡ししたいとかねて思っていた。

 だから小川さんがテレビ朝日を退社、「news23」のキャスターに就任すると知って以来、とても期待していた。だってそうだろう、小川さんは「報道ステーション」のキャスターをしていた。決して評判は悪くなかったのに交代となった。後任は元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美さんだった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。

矢部万紀子の記事

もっと見る