メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ジョルジュ・フランジュ監督の『顔のない眼』(1960)拡大ジョルジュ・フランジュ監督『顔のない眼』(1960)

 今回は、特集上映「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」(「YEBISU GARDEN CINEMA」)のラインナップ中、極私的にはベスト・オブ・ベスツの1本である、ジョルジュ・フランジュ監督の『顔のない眼』(1960)を取り上げたい。映画史上にも類を見ない、残酷なリアリズムと耽美的シュールリアリズムが絶妙に融合した、怪奇幻想映画の金字塔だが、女性の顔の整形手術というモチーフを、恐怖、美しさ、哀切さを綯(な)い交ぜにして描き切ったフランジュの底知れぬ才能に、文字どおり震撼させられる。

 そして名カメラマン、オイゲン・シュフタン(独)によるモノクロ映像の底冷たい感触が、これまた何とも素晴らしい。したがって『顔のない眼』を、ホラー映画のカルト的傑作などと呼んではなるまい。この映画は、残虐さをこれでもかと大盤振る舞いする近年のホラーとは無縁の、人間(私やあなた!)に取り憑いた宿命的なエゴイズムを鋭くえぐり出す、怪奇メルヘン映画の絶品なのだ。

――高名な医師ジェネシュ博士(ピエール・ブラッスール)の愛娘、クリスティーヌ(エディット・スコブ)はある日、交通事故に遭い、両目以外の顔面を失う。博士はクリスティーヌの顔を元通りにするため、美貌の助手ルイーズ(アリダ・ヴァリ)に若い女性を誘拐させ、彼女らの顔の皮膚を切り取って移植手術を試みる(顔の皮膚を切除されたのち、犠牲者たちは水死体で発見されるが、死体遺棄もルイーズの仕事だ)。……その恐ろしい顛末は、ぜひともスクリーンで見届けていただきたいが、手術シーンの息詰まるサスペンスはもちろんのこと、クリスティーヌのつけたマヌカンのようなゴム製の白いマスクの不気味さ――うがたれた二つの穴から両目がのぞいている――、暗い地下室の檻から躍り出る実験用の猛犬の群れの恐怖、若い女性の死体が引きずられていく冬の河原にたちこめる冷気の肌触り、ラストで鳥かごから何羽もの白い鳩を解き放ち、森の中へと夢遊病者のような足取りで消えていくクリスティーヌの物悲しい姿、そして、ロベール・ブレッソン監督の映画を連想させる、つぶやくように低い声でしゃべる、ほとんど無表情な役者たちの抑制されたセリフ回し……などなどディテールの強度が尋常ではない。

 また、誘拐され顔の皮膚をはぎ取られ、包帯で両目以外の顔の部分をぐるぐる巻きにされたジュリエット・メニエルが、難を逃れようとして邸宅の2階の窓から転落し絶命する場面では、前記ルイ・フイヤード監督『吸血ギャング団』の、黒い薄絹の肉襦袢に身を包んだ女賊イルマ・ヴェップに扮したミュジドラのイメージが、メニエルの姿に重なる(釣り気味の眼光鋭い目が特徴的な美人女優、ジュリエット・メニエルは、クロード・シャブロル監督の『いとこ同志』(1959)、『青髭』(1963)にも出演している)。

 さらに、クリスティーヌに短刀で喉を突き刺されたルイーズ/アリダ・ヴァリが、目を見開いたまま上半身をがくっと直角に折り曲げて息絶える瞬間も、過度の残酷さが減殺されたフランジュ美学=様式美が冴えわたり、目を奪われる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る