メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 今回は、成瀬巳喜男監督の最高傑作の1本、『乱れる』(1964)を取り上げたい(東京・神保町シアターの特集「没後50年 成瀬巳喜男の世界」での上映は終了したが、DVDあり)。戦死した夫に代わり酒屋を切り盛りする37歳の寡婦(高峰秀子)と、25歳の義弟(加山雄三)との“禁断”の恋を哀切に描く本作は、成瀬映画のエッセンスが凝縮されたような、涙なくしては観られないメロドラマの絶品だ。

――ヒロインの礼子(高峰秀子)は、夫が戦死し、夫の父親が病死して以後、静岡県・清水市の酒屋、森田屋を切り回している。時は映画の公開年と同時代の、高度経済成長期。スーパーマーケットの進出により、森田屋などの小売店の経営が悪化していった時代である(のちに見るように、こうした60年代なかばに小売店が直面していた社会的現実を、成瀬と脚本担当の松山善三は、礼子と義弟・幸司/加山雄三の恋愛劇に巧みに絡めている)。

 礼子は義母(三益愛子)とその息子の幸司と同居しているが、二人の女性の心配の種は、店の経営難だけでなく、幸司が毎日ブラブラ遊び歩いていることだった。会社を辞めた幸司は鬱屈した心を抱えたまま、マージャン、パチンコ、喧嘩、女遊びにうつつを抜かしていたが、そんなある日、礼子は、幸司が素行の良くない女(浜美枝)と付き合っていることをなじると、彼は突然、礼子への愛を告白する。礼子は驚き、動揺するが、それ以後、二人の仲は気まずくなり、言葉のやりとりもぎこちなくなる(このあと二人の関係はどうなるのか、というサスペンスが、見る者の興味をくすぐる卓抜なプロットポイントだ)。

高峰秀子=1962年拡大多くの成瀬巳喜男作品に出演した高峰秀子=1962年

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る