メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ドミンゴが大震災直後の日本で歌った「ふるさと」

東日本大震災から1カ月後の東京・NHKホールで熱唱。背景にメキシコ地震の経験が。

石戸谷結子 音楽ジャーナリスト

拡大歌うプラシド・ドミンゴ ©堀田力丸

 「私は約束した場所には必ず行き、そこで歌ってきました。そして、いま、ここに居るのです」

 2011年4月10日、NHKホールで行われた「プラシド・ドミンゴ コンサート・イン・ジャパン」の公演を収録したNHKの番組冒頭で、ドミンゴ自身が語ったこの言葉がテロップで流れた。

2011年4月10日の奇跡

 2011年3月11日。東日本で起きた大惨事は、海外の人たちにも大きな衝撃を与えた。

 ちょうど来日していたフィレンツェ歌劇場は、フィレンツェ市長からの帰国命令により、予定を切り上げてすぐ帰国した。その3か月後6月のメトロポリタン歌劇場公演と、9月のボローニャ歌劇場の公演では、主役級の名だたるスター歌手が、揃って来日をキャンセルした。

 そんななか、東日本大震災からわずか1カ月も経たない4月7日、ドミンゴはマルタ夫人と13歳の孫娘を連れて成田空港に降り立った。「キャンセルという発想はありませんでした」と、彼はのちに語っている。

 4月10日、NHKホールでのコンサートで、ドミンゴは超満員の聴衆に盛大な拍手で迎えられた。オペレッタの名アリア「君はわが心のすべて」や「星は光りぬ」などテノールのアリアに加え、「祖国の敵」などバリトンのレパートリーやミュージカル・ナンバーなどを歌ったドミンゴは、鳴りやまない拍手にアンコールでこたえた。

 「1976年にこのホールで日本デビューしてから長い年月が経ちました。日本でまた歌える日が来てうれしい。この場に来てくださったことに感謝します。皆さんが辛い日々を送っているのを知っています。ですから皆さんの心と魂に贈り物をしたい」。

 マイクを持った彼はそう語り、「ふるさと」を日本語で歌い出した。

 1番、そして2番。途中から、会場の人たちも一緒に歌い出す。多くの人が涙をぬぐった。ドミンゴと一緒に来日したソプラノ、ヴァージニア・トーラも歌いながら涙を流した。最後は全員が立ち上がり、感動的なスタンディングオーベイションとなった。

 公演のあと、NHKテレビのために行われたインタビューで、ドミンゴは次のように語っている。

 「歌手とは人の心や魂に触れ、つかの間でも辛いことを忘れさせ、人を幸せにできる、素晴らしい職業です。人間の心に訴えかけること、それが私にできる唯一のことなのです」。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

石戸谷結子

石戸谷結子(いしとや・ゆいこ) 音楽ジャーナリスト

青森県生まれ。早稲田大学卒業。音楽専門出版社を経て、1985年からフリーランスの音楽ジャーナリスト。「モストリー・クラシック」誌、「音楽の友」誌などに執筆。NHK文化センター、西武コミュニティカレッジなどでオペラ講座を担当。主な著書に「マエストロに乾杯」「オペラ歌手はなぜモテるのか?」「オペラ入門」「ひとりでも行ける オペラ極楽ツアー」「石戸谷結子のおしゃべりオペラ」など。

石戸谷結子の記事

もっと見る