メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『リチャード・ジュエル』と『テッド・バンディ』が批判する犯人の類型化

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 前回前々回では、クリント・イーストウッド監督『リチャード・ジュエル』(以下『ジュエル』と略)とジョー・バリンジャー監督『テッド・バンディ』(以下、『バンディ』と略)をめぐる奇妙な対称性、すなわちジュエルとバンディというタイトルロールの類似点および相違点を中心に、この2本の傑作を論じた。

 今回はそれらの論点を引き継ぎつつ、『バンディ』の面会室の秀逸な画面造形、そして「プロファイリング/犯人の類型分析」という“科学的”捜査法への批判を含むバリンジャー監督の製作意図に触れてみたい。またバリンジャーの「プロファイリング」批判が、リチャード・ジュエルのこうむった“冤罪”被害に対するイーストウッドの批判に通じることを、明らかにしたい。

 『バンディ』の冒頭の、刑務所の面会室でテッド・バンディと恋人のリズが、ガラス板越しに対面し電話でやりとりするシーンは、時制的には映画における現在だ。そこから過去へとフラッシュバックされ、物語は始まる。

 そしてラストは、ふたたびその面会室のシーンとなるが、前述のように、バンディに対して半信半疑になったリズは、そのラストで連続殺人鬼である彼の正体を知って――彼女に感情移入していた観客ともども――、強いショックを受ける。そこでリズは、かつて殺人課のフィッシャー刑事(テリー・キニー)から受け取った「極秘資料」の封筒から、1枚の写真を取り出す。その写真に写っていたのは、なんと、バンディによって頭部を切断されたとおぼしい、首なしの女性の遺体だった。

 するとバンディは、湿気で曇った面会室のガラス板に指で「弓のこ」と書く。それは、彼が被害者の遺体の首を切断した凶器であった。次いで短いフラッシュバックで、バンディがある女性をバール(鋼鉄製の棒状の釘抜き)で殴打する映像が示され、彼が殺人鬼であったという事実が、念を押すように示される。このショットは、首なしの遺体とともに、本作における例外的な残酷映像であるが、いつも優しく穏やかにリズに接し、裁判では非凡な弁舌を披露したバンディの姿を印象づけられていた観客は、かえってそれゆえに、このラストで強烈なインパクトを受ける。卓抜な作劇である。

『テッド・バンディ』 全国ロードショー中  配給:ファントム・フィルム  ©2018 Wicked Nevada,LLC拡大『テッド・バンディ』 全国ロードショー中 配給:ファントム・フィルム  ©2018 Wicked Nevada,LLC

 なお、面会室で受話器を手にして対面するバンディとリズを、カメラがバンディの斜め後ろから撮る画面も印象深い。言葉で書くとややこしいが、リズの顔が焦点化されるその画面は、二人を隔てるガラス板に、その向こうの彼女の顔の横にバンディの顔が亡霊のように映る、という構図になる。ラストのヤマ場にふさわしい不気味なショットだが、このように、ガラスを鏡のような反映装置として巧みに使った映画には、フリッツ・ラング監督の『M』(1931)や『飾窓の女』(1944)、ジョセフ・ロージー監督の『非情の時』(1956)、黒澤明監督の『天国と地獄』(1963)、ヴィム・ヴェンダース監督の『パリ、テキサス』(1985)、ジョナサン・デミ監督の『羊たちの沈黙』(1991)などなどの傑作、名作、佳作がある(テレビの人気ドラマシリーズ『科捜研の女』(1999~、沢口靖子主演)でも、しばしば刑務所の面会室のガラスが反映装置になる場面があるが、このシリーズの迅速なプロット展開はかなりハイレベル)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る