メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ禍を機に、GWや国民の祝日は廃止すべきだ

“密”を生み出す“病原習慣”をやめる時代へ

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 新型コロナウイルス感染拡大対策として外出自粛が叫ばれる中、一部の観光地では、観光客が減らないことが問題になっています。4月19日は神奈川県の鵠沼海岸周辺、4月25日は大分県の別府駅や松山市の松山城城山公園が、それぞれコロナ禍の始まる前より人出が増加したというニュースが伝えられました。

 個々の地域は報道により減少する可能性が高くなるでしょうが、全体としては、政府が目標とした「接触80%減」には、まだ届かない状況が続いています。

「海岸への立ち入りはお控えください」と記された看板を掲げる神奈川県の黒岩祐治知事。県が近く、湘南地区の海岸周辺に掲出する=2020年4月22日午後2時15分、神奈川県庁20200422拡大「海岸への立ち入りはお控えください」と記された看板を掲げる神奈川県の黒岩祐治知事=2020年4月22日

平日のほうがリスクは高そうだが

 このような報道に対して、「休日ばかり問題視されているが、平日の職場や通勤電車のほうが接触機会は多いのでは」という意見もあります。通勤する人はかなり減ったものの、一部の職場や電車ではソーシャル・ディスタンスを確保できない状態がいまだに続いているようです。

 それに比べると、確かに広々とした屋外の観光地で過ごすほうが、相対的にリスクは高くないように感じます。「三密(密閉・密集・密接)」という政府の(手緩い!)基準に該当する機会も少ないから大丈夫だろう、と判断する人がいるのも無理はありません。最近は、「自粛無視」として出かける人に対して“粛清”を望む罵詈雑言がネット上で飛び交っていますが、さすがにやり過ぎです。

 一方で、休日には行動範囲が格段に広くなるという点に注意が必要なのは事実でしょう。とりわけ、都心に住む無症状の感染者が、まだ感染の広がっていない地方に出向くと、地元の感染を拡大させかねないのは既に指摘されている通りです。

GWに感染拡大をさせないために

 そんな折、4月29日から本格的にゴールデンウィーク(GW)が始まり、外出をしたいと考える人がいるのは間違いありません。沖縄県の玉城デニー知事は「大型連休に沖縄へ来る予定の方が航空会社の予約によると6万人余いる」と明かし、懸念を表明しました。緊急事態宣言から1カ月近くが経ち、自粛疲れになるタイミングでもあります。

 また、以前の記事(「コロナ対策小ぶり小出しの安倍政権下で禍を鎮める唯一の希望」でも指摘しましたが、冒頭のような報道によって「え、ずるい! 真面目に自粛しているのに! だったら俺もレジャー行くし!」という、さらなる「フリーライダー」(自分は外出制限せずとも、皆がすることで得られる感染拡大防止の恩恵にあずかるタダ乗り)が噴出する可能性もおおいにあります。

 このような動きを事前に警戒して、閉鎖を決める観光地も続出しています。高速道路料金は、GW期間中の休日割引の適用除外が決定しました。お花畑に人が集まるのを避けるため、植えた草花を刈り取る作業に追われるところも少なくないようです。

刈り取られたチューリップ。残った畑の花(左上)も22日になくなった=茨城県稲敷市浮島、市提供 20200422拡大刈り取られたチューリップ。残った畑の花(左上)もその後なくなった=2020年4月22日、茨城県稲敷市浮島、市提供

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る