メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

東京五輪は中止すべきだ――感染拡大、選手の安全、治療薬・ワクチン開発

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 新型コロナウイルス禍は依然として焦眉の問題である。日本では感染拡大に鈍化の傾向が見られ、緊急事態宣言が解除されたが、世界的に見れば楽観視できる状況ではない。それどころか、憂慮すべき事態が次々と明らかになっている。

「後発国」での感染拡大

 まず、コロナ禍「後発国(地域)」での感染が、広がっている。

 バングラデシュで100万人以上が密集状態で暮らすミャンマーのイスラム教徒・ロヒンギャ難民のうちに、ついに感染者が出た(朝日新聞2020年5月16日付)。WHO(世界保健機関)は、感染が封じこめられなかった場合――その可能性は多くの感染症研究者によって指摘されてきた(杉田注)――には、アフリカで今後1年間に8万9000~19万人が死亡する可能性があるという、非常に暗い見通しを公表した(しんぶん赤旗2020年5月10日付)。また、いったん感染封じこめに成功したシンガポールで、1部屋に10人前後がすしづめ状態で暮らす外国人労働者の間で、感染が急増していることがわかった(同2020年5月17日付)、等。

今後はアフリカの感染拡大が危惧されている=南アフリカ・ケープタウン、Chadolfski/Shutterstock.com拡大今後はアフリカの感染拡大が危惧されている=2020年5月6日、南アフリカ・ケープタウン、Chadolfski/Shutterstock.com

 以前から、医療体制の不十分なアフリカ諸国において、あるいは各地の難民の間に感染が広がった場合、長期にわたって甚大な被害を及ぼす危険性があると指摘されていたが、それはもはや杞憂ではなくなった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る