メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

グローバル化のなかの男性アイドル、そしてボーダーレス化へ

太田省一 社会学者

 前回は、近年におけるジャニーズのネット解禁、そしてそのなかで勢いを増したジャニーズJr.の現状についてみた。連載最終回となる今回は、そうした動きを男性アイドル全般というより大きな文脈の中に位置づけてみたい。そしてそのうえで今後の男性アイドルがどこに向かうのかについても少し話を進めてみたいと思う。

パフォーマンス志向を強めるジャニーズ

 前回、新たにジャニーズJr.の育成・プロデュースする責任者となった滝沢秀明にとって、「Jr.黄金期」の再来がひとつの大きな目標になっていることにふれた。

 ただその実現にあたっては、単純にこれまでのやりかたを踏襲すればよいというわけではないだろう。前の黄金期からはすでに約20年の年月が経ち、アイドルのありようも変化している。実際、2020年に華々しく同時メジャーデビューを果たしたSixTONES(ストーンズ)とSnow Manを見ても、昨今の男性アイドルのトレンドを踏まえた部分が垣間見える。

 それは、パフォーマンス志向の強まりである。

SixTONES拡大SixTONESのオフィシャルサイトより

 この連載で再三ふれてきたように、男女問わず日本的アイドル観は、未完成の魅力をコアにしたものである。確かに容姿、歌やダンスの魅力も大切だが、どんなことであれ未熟であっても努力を怠らず成長する姿そのものがアイドルの不可欠の魅力であり、その成長のプロセスを共有しながらファンは応援する。

 しかしながら、近年はそうした従来のアイドル観へのアンチテーゼとも思える流れが少しずつ強まっているように映る。歌であれダンスであれ、当初からパフォーマンスのクオリティを求める流れである。言い換えれば、アイドルにとって最初からより完成されたものとしてあることが重要になっているということだ。

 SixTONESやSnow Manについても、その点は例外ではないように見える。たとえば、MVはもちろんのこと、持ち歌のダンスの部分だけを見せるダンスバージョンの動画などを見ても、パフォーマンスへの力の入れ具合が伝わってくる。

 むろん、それぞれのグループの個性は異なる。SixTONESは「ダンスが揃わない」ことを自虐することもあるほど各メンバーが個を表現するダンスであり、Snow Manはジャニーズ伝統のアクロバット要素を盛り込みながらグループとして魅せるダンスである。だがいずれにしても、どちらも従来のアイドル的な決められた振り付けというよりは自己表現として追求されたダンスになっている。

Snow Man拡大Snow Manのオフィシャルサイトより

 そうしたところは、彼らがEXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBEなどのLDH JAPAN所属グループと同じ時代に生きていることを感じさせる。それらのグループは“アーティスト的アイドル”と言えるのではないかと前に書いたが、ジャニーズもまたある意味でその立ち位置に接近している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る