メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

大阪で時空を超えて芸に没入する

厳しく、あたたかく、時に強烈な町で

玉川奈々福 浪曲師

ディープな浪曲ファンがいる町へ 

拡大ライトアップされた大阪のシンボル通天閣=2020年5月14日撮影
 やっとリアルな旅が少しずつ復活してきました。

 東京もGO TOキャンペーン始まっちゃってるしね!

 9月は、九州に一度。関西に一度。

 関西は、初日に神戸でお仕事をして、そのまま大阪に入って四泊五日。

 ああ、久々の旅仕事。ココロ浮き立ちました。

 大阪。

 日本のほかのどこの町とも、お客さんがちょっと、違う感じがします。

拡大1935年(昭和10)頃の初代通天閣。右下に浪曲の黄金期を支えた東家楽燕と二代目広沢虎造の公演を知らせる垂れ幕が見える
 大阪の中でも、ときと場所、集まったお客様によって、もちろん色合いはさまざま違うけれども、それでもやはり「大阪色」というのがある気がするのです。

 あくまで浪曲に関して、私の感じている範囲でいえば、ではありますが。

 浪曲について言えば、東京はお客さんの世代交代がずいぶん進んだ感じがします。切ないことでもあるけれど、私が入門した頃にいらした、木馬亭ご常連のご通家、ものすごく浪曲詳しい、それだけに気難しい……というお客様はほとんどいらっしゃらなくなりました。

 ところが大阪は、昔からのディープ浪曲ファンがまだいらっしゃる感じがあるのです。

 それだけに、お客さんが、なんというか……濃い(笑)。

 うまい芸を求めておられます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

玉川奈々福

玉川奈々福(たまがわ・ななふく) 浪曲師

横浜市生まれ。出版社の編集者だった94年、たまたま新聞で浪曲教室のお知らせを見て、三味線を習い始め、翌年、玉川福太郎に入門。01年に曲師から浪曲師に転じ、06年、玉川奈々福の名披露目をする。04年に師匠である福太郎の「徹底天保水滸伝」連続公演をプロデュースして大成功させて以来、数々の公演を企画し、浪曲の魅力を広めてきた。

玉川奈々福の記事

もっと見る