メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

北海道知事は、コロナ感染回避の努力を道民に丸投げするな

「3密」回避の個別・具体的な指示を

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 コロナ禍の「第3波」に全国が巻きこまれている。私が住む北海道では、ことに札幌市で、感染者数が急拡大している。

 そのため鈴木知事は、北海道の警戒レベルを全道的に「3」にすえおいたものの(「2」を「3」に上げたのはまだつい先日である)、札幌市民に対して「4」に上げると、11月17日に正式に決定した。その結果、札幌市では、不要不急の外出自粛、道内他地域との往来の自粛が求められることになった(朝日新聞2020年11月18日付)。

居酒屋の店長に深夜営業の自粛などをお願いする道と札幌市の職員=札幌市中央区20201114拡大札幌の「すすきの」で、居酒屋の店長に深夜営業の自粛などをお願いする道と札幌市の職員=2020年11月13日

「感染リスクを回避できない場合」

 だが不分明なのは、これに付された「感染リスクを回避できない場合」という条件である。無条件的な自粛要請ではない点は評価できるが、では「感染リスクを回避できない場合」というのはどういう場合か。

 それは、「感染対策が不十分な施設を利用したり、いわゆる『3密』の状況になるなどしたりする場合」だそうである(朝日同前)。実際にはもう少し具体的な言及があるが、最後は「リスクが回避できているかどうかの判断は『(道民)自身で考えて』」もらいたい、というのが知事の立場である(朝日同前)。

 けれどもこれは「対策」と呼べる代物なのか。結局道民に自ら判断せよと言っているだけである。だがはるかに重要なのは、知事がより直接的な仕方で行政権限を行使できる相手(各種事業者・施設)に、意味ある対応を求めることではないのだろうか。

 なるほど道民への協力要請も重要である。だが、「感染対策が不十分な施設」が有ること自体が問題ではないか。道民に協力を要請する前に、まずそうした施設に対して、個別・具体的でより強力な指示を行うべきであろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る