メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

髪の黒染め“強要”校則を認めた判決がはらむ「3つの問題」

「校則なし」の学校現場が荒れているかどうか検証してほしい

石井志昂 『不登校新聞』編集長

 茶髪を黒く染めるようくり返し指導され、精神的苦痛を受けたとして、大阪府立高校の元女子生徒(21歳)が大阪府に慰謝料など約220万円を求めた訴訟の判決が2月16日、大阪地裁でありました。報道によりますと、大阪地裁は大阪府側に33万円の賠償を命じていますが、裁判長は「黒染めの強要はあったとは言えない」と頭髪指導の妥当性を認めています。

 判決では女子生徒が不登校になった後の学校対応が違法とされ、黒染め強要は問題視されなかったのです。この判決は多くの問題をはらんでいます。それはどんな点なのかをお伝えしたいと思います。

そもそも「黒染め強要訴訟」とは

 女子生徒が通っていた学校は髪の染色や脱色が校則で禁じられていました。女性は2015年の春に入学後、髪を黒く染めるよう再三指導され、「黒染めしないなら学校へ来る必要がない」と学校から言われたそうです。女子生徒は、こうした指導がきっかけとなり不登校になりました。判決は、校則については、華美な頭髪を制限することで生徒に学習や運動に注力させ、「非行防止」につなげるという目的などから適法と判断しました。また教師らの頭髪指導についても「生徒の髪の生来の色は黒」だったとして違法性は認めませんでした。

 茶髪禁止の校則は、子どもたちを非行から遠ざけるルールであり、女子生徒への指導も妥当だったと大阪地裁は判断したわけです。この判決には3つの問題があります。

milatas拡大milatas/Shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

石井志昂

石井志昂(いしい・しこう) 『不登校新聞』編集長

1982年東京都生まれ。中学校受験を機に学校生活があわなくなり、教員、校則、いじめなどにより、中学2年生から不登校。同年、フリースクール「東京シューレ」へ入会。19歳からは創刊号から関わってきた『不登校新聞』のスタッフ。2006年から『不登校新聞』編集長。これまで、不登校の子どもや若者、識者など300名以上に取材を行なってきた。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです