メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

朝ドラ「おちょやん」は第1週がクライマックスだった理由

矢部万紀子 コラムニスト

 朝ドラ「おちょやん」が3月1日から後半に入った。4月と10月スタートで年2本、年度で進む「朝ドラ」のリズムが、新型コロナウイルスでずれた結果だ。前作「エール」の撮影が中断、結果「おちょやん」のスタートは2020年11月30日になった。スタート時点ではいつ終了かも発表されず、つくる方も大変だろうなあと思っていた。

 スタートから2カ月以上が過ぎた21年2月10日、5月14日が本編最終回、17日から次回作「おかえりモネ」が始まると発表された。そこから計算すると2月最終週までが前半、3月1日からが後半となる。というわけで、前半を振り返ることにする。

 結論を書くなら、一番熱心に見たのは第1週だった。見ながら、あれこれ考えた。それ以後は、「ふーん」だった。という話を書く。

 第1週、ヒロイン・千代は9歳だった。「明治の末、大阪の南河内の貧しい家」と番組ホームページにある。千代の母は亡くなっていて、代わりに千代は家事一切、五つくらい下に見える弟の面倒、小さな養鶏場という家業、すべてをほぼ一人で引き受けていた。だから学校には行っていない。父はいるが、全く働かず、朝から「おー千代、酒や酒!」などと叫んでいる。

 この週を通して考えていたのが、これは立派な「育児放棄」じゃないかということだった。千代(子役・毎田暖乃)は「親なら親らしいことさらせ」と言って、父(トータス松本)を蹴飛ばしていた。たくましい千代像という演出意図はわかったが、そんなことより「児童相談所に通報すべき」と思った。

主人公の竹井千代。子ども時代は毎田暖乃拡大主人公・竹井千代の子ども時代(毎田暖乃)=提供・NHK大阪放送局

 菅義偉政権が誕生して2カ月半というタイミングだったことも、影響していたと思う。「自助、共助、公助」という言葉が何度も頭をよぎった。健気な千代の自助の姿、「ねえやん、おなか減ったー」と訴える弟のヨシヲを連れてお隣に行き、立派なお魚を食べさせてもらう共助の姿。でも姉弟の置かれた状況は立派な「父親による育児放棄」で、すでに公助の段階。そう思い、千代とヨシヲを保護してあげて、と叫びたくなった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る